引っ越しをする際に気をつけたい!アンテナ取り付けでの注意点

気になるアンテナ工事のタイミング~地デジ放送を観るために~

アンテナの取り付け工事をするタイミング【引っ越し前がオススメ】

アンテナとリモコン

新居に引っ越しをする場合、多くの人が見逃してしまうのがアンテナ工事です。引っ越しを行ない、家具や家電を運び終えてからアンテナ設置をする人も多いでしょうが、実はアンテナ工事は引っ越し前に行なったほうがお得なのです。引っ越し屋さんは、すでにアンテナ工事が済んでいる場合、テレビを運び終えてすぐに見られるようにテレビの設定を行なってくれます。しかし、アンテナ工事を行なっていない状況ですと、自分でテレビの設定をしなければならないため、手間が掛かります。アンテナ工事をいつ始めるか悩んでいるなら、引っ越し前に終えておくのがベターでしょう。

引っ越し後も快適にテレビを視聴する3つのポイント

引っ越しを終えたあとは、人心地つくためにテレビを見ながら休憩をしたいと考えるものです。引っ越しをしてすぐにテレビを視聴するには、どうすればよいのでしょうか。視聴準備の流れを見ていきます。

地デジの放送エリアを確認

まず、地デジを見るために確認しなければならないのが、引っ越し先の家が地デジ放送のエリアに入っているかどうかです。地デジの電波は全国地域へ広く発信されていますが、山などの地形や高層ビルなどの建築物の影響で電波が受信できない、いわゆる「弱電波地域」である場合があります。地デジ電波の受信強度などを知る場合、インターネットを活用するとよいでしょう。自分の地域の電波状況をネットで調べることで、自分の住む家が地デジを受信できる環境かどうかがすぐにわかります。

地デジ対応のアンテナの取り付け

次に、地デジ放送を観る場合、必須となるのが地デジ電波を受信できる専用のアンテナの設置です。アナログ放送時代に主流だったアンテナは、VHFアンテナと呼ばれる大型のアンテナです。中古物件を購入した人なら、このアンテナが設置されていることがあります。また、中古で格安のアンテナが販売されている場合も、このアンテナである可能性もあります。しかしこのVHFアンテナは、アナログ放送のみしか受信できないため、現在の地デジ放送を観ることはできません。地デジ放送を観るには、地デジに対応できるアンテナである「UHFアンテナ」を設置する必要があります。新しくアンテナ工事をする場合、必ず業者にUHFアンテナの設置を依頼しましょう。

薄型テレビや地デジ対応のチューナーを購入

地デジ放送を観るため、最後に必要となるのが「チューナー」です。地デジ専用のチューナーを設置し、テレビとアンテナへと繋げない限り、地デジ放送を視聴することはできないでしょう。このチューナーは現在格安で売られているので、地域にある電気店などで安く購入ができます。なお、最近販売されているテレビにはもれなく地デジチューナーが内蔵されています。型の新しい地デジ対応型テレビであれば、新しくチューナーを購入する必要はありません。

まとめ

引っ越しされる方は、上記3つのポイントをしっかり注意しておくことで、問題なく地デジを観ることができます。

引っ越しは住宅設備を整える絶好のチャンス

住宅の電気設備を向上させたいなら、電気工事業者を利用しましょう。アンテナの取り付け工事やインターホンの取り付け工事以外にも様々なサービスを展開しています。

サービス内容の一覧

  • アンテナの取り付け工事
  • インターホンの取り付け工事
  • エアコンの設置工事
  • 太陽光発電工事
  • 換気扇の設置工事
  • LAN配線工事

まとめ

引っ越し時はこれらの工事をするチャンスです。家族のことも考えて、まとめて依頼しておくとよいでしょう。